Skip to main content

/ 5

/ 5

upcoming event

SCCJ EVENT
  • 14 March 2024 18:30 - 22:00

  • Sasazuka Bowl

MEMBERS ONLY EVENT
  • 12 April 2024 16:00 - 18:00

  • Shiroyama Trust Tower, 19F + Online

See more events

(日本語は英語と動画の後に続きます)

Saab AB, founded in 1937, emerged with a mission deeply rooted in safeguarding nations and people, facilitating peaceful coexistence. Originating in Sweden, the company initially focused on developing airplanes for national defense, with the first deliveries taking place in 1941. Over the years, Saab has evolved into a global player, delivering cutting-edge solutions that have propelled the aerospace and defense industry forward. 

 

Saab serves the market with world-leading products, services and solutions from military defence to civil security. With operations on every continent, the company develop new technology to meet customers’ changing needs. A notable aspect of Saab's ethos is its proactive stance, with 25% of revenue allocated to Research and Development (R&D), ensuring a continual push towards the forefront of technological advancements. 

 

In addition to its stronghold in the Swedish market, SAAB has made significant inroads in the United States and, more recently, in Asia. Their collaboration in Japan includes the provision of technologies for various Japanese systems such as engines for submarines and fiber reinforced plastic technology for mine sweeping vessels.

The recent Agreement between the Government of Sweden and Japan for the transfer of defense equipment and technology signifies a landmark development. This agreement serves to streamline collaborations between the two nations, aligning technological interests and fostering a stronger partnership.

 

Lars Eriksson, Vice President of Saab Japan, navigates the challenges and opportunities presented by the Japanese market with a keen understanding of the common ground shared between Sweden and Japan. Recognizing similarities in the need for maritime defense against aggressive neighbors, Eriksson focuses on finding synergies between the Japanese and Swedish defense industries. 

Saab's journey from its early days in Sweden to its global prominence today is marked by a commitment to innovation, proactive engagement, and strategic partnerships. The company continues to play a pivotal role in shaping the defense landscape, bridging gaps between nations and contributing to the collective pursuit of global security.

Meet Lars:

At the forefront of the team with a map and compass in hand, we find Lars Eriksson, the president of Saab Japan. Eriksson is a married family father of two daughters, who is interested in everything between golf , culinary experiences and travel to historical places. With his impressive career path, Eriksson has walked through different industries and different countries. He commenced his professional journey at Luxor Computer in 1983, to eventually venturing to establish his own software consulting company. After selling his venture, he moved to Stockholm where he joined a global actor within graphics, which after a few years resulted in transition to Belgium and Norway and back to Sweden. Before settling in Tokyo, Eriksson worked in a similar role in Saudi Arabia. 

 

Watch the full interview down below to know him further

1937年にスウェーデンで設立されたサーブは、国家と人々の安全を守り、平和的共存を促進することを使命として誕生した。当初は国防用航空機の開発に注力し、1941年に最初の納品を行った。長年にわたり、サーブは航空宇宙・防衛産業を前進させる最先端のソリューションを提供するグローバルプレイヤーへと発展してきた。

 

サーブは、軍事防衛から民間安全保障まで、世界をリードする製品やサービス、ソリューションを市場に提供している。世界各国で事業を展開するサーブは、刻一刻と変化する顧客のニーズを満たすために新技術を開発し続けている。サーブの企業理念の特筆すべき点は、その積極的な姿勢であり、収益の25%を研究開発(R&D)に充てることで、技術進歩の最前線に立ち続けるための絶え間ない努力を続けている。

 

スウェーデン市場における確固たる地位に加えて、サーブは米国、そして最近ではアジアにも大きく進出している。日本との協力関係には、潜水艦用エンジンや機雷掃海艇用繊維強化プラスチック技術など、日本のさまざまなシステムへの技術提供が含まれる。

 

最近のスウェーデン政府と日本政府との間の防衛装備品と技術の移転に関する協定は、目ざましい関係発展を意味する。この協定は、両国間の協力関係を合理化し、技術的利益を一致させ、より強固なパートナーシップを育むものである。

 

サーブ・ジャパンのヴァイスプレジデントを務めるラース・エリクソン氏は、スウェーデンと日本が抱える共通点をよく理解した上で、日本市場がもたらす課題と機会を乗り越えている。攻撃的な隣国に対する海上防衛の必要性という共通点を認識しているエリクソン氏は、日本とスウェーデンの防衛産業間の相乗効果を見出すことに重点を置いている。

 

サーブがスウェーデンで創業した当初から今日の世界的な地位を獲得するまでには、イノベーション、積極的な関与、戦略的パートナーシップへのコミットメントがあった。同社は、防衛情勢の形成において極めて重要な役割を果たし続け、国家間のギャップを埋め、グローバルな安全保障の集団的追求に貢献している。

 

エリクソン氏について
地図とコンパスを片手にチームの先頭に立つのは、サーブ・ジャパンのラース・エリクソン氏。エリクソン氏は結婚して2人の娘を持つ父親であり、ゴルフ、料理、歴史的な場所への旅行など、あらゆることに強い関心を持っている。エリクソン氏は、さまざまな業界、さまざまな国を渡り歩いてきた。1983年、ルクソール・コンピュータでキャリアをスタートさせ、やがて自身のソフトウェア・コンサルティング会社を設立した。ベンチャー企業を売却した後、ストックホルムに移り、グラフィック業界のグローバル企業に入社、ベルギーやノルウェーで仕事をしたのち、スウェーデンに戻る。東京に赴任する前は、サウジアラビアで同様の仕事をしていた。