Skip to main content

/ 5

/ 5

upcoming event

SCCJ EVENT
  • 14 March 2024 18:30 - 22:00

  • Sasazuka Bowl

MEMBERS ONLY EVENT
  • 12 April 2024 16:00 - 18:00

  • Shiroyama Trust Tower, 19F + Online

See more events

(日本語は英語の後に続きます)

 

Breathing clean air is essential for our health and well-being and can even affect the quality of our work—this is particularly true for knowledge workers who spend the majority of their time indoors. For over 24 years, Airgle Corporation, an American air purifier manufacturer, has dedicated itself to purifying indoor air, eliminating airborne pathogens including viruses, ultra-fine particles, and Volatile Organic Compounds (VOCs). In an exclusive interview, Airgle Japan's President Nigel Asai shares insights into the company’s ethos, product range, and strategic plans for growth in Japan.

 

Founded in 1999 with its headquarters in New York, Airgle Corporation boasts a robust distribution network across North America and numerous European, Middle Eastern, and African (EMEA) countries, including the UK, Germany, and the Nordics. While Airgle's expansion into Asia is a recent development, the brand has swiftly established a solid business presence in several Asian countries, notably China, South Korea, and Thailand.

 

Airgle Holdings Limited, the parent company, is registered in Singapore, and the Japan operations report directly to the CEO of this holding company. According to Mr. Asai, a former president of Electrolux Japan and ex-SCCJ Vice Chairman, although some Airgle products were available in Japanese retailers previously, the Japan office itself was a strategic establishment in late 2022.

 

The company’s air purifiers, produced in their U.S. or Shenzhen factories, are recognized for their superior quality and compliance, attested by certifications from U.S. bodies like the FDA and AHAM.

 

Mr. Asai highlights that medical institutions have always been their main clientele. Airgle purifiers are distinguished by their cHEPA filters, capable of capturing particles as small as 0.003 microns—making their mesh 100 times finer than typical HEPA filters. Rigorous testing in the U.S., Denmark, and Hong Kong has proven their efficacy, blocking 99.998% of viruses, including COVID-19. Additionally, Airgle purifiers incorporate a patented Titanium Pro® UV module to neutralize pathogens and a premium carbon filter for gas and odor absorption.

 

Each model features the cHEPA filter, Titanium Pro® UV module, and premium carbon, along with an air quality monitor, filter life monitor, and infrared remote control. The AG600 and AG900 also offer smartphone app control. Mr. Asai assures that all products are quiet, user-friendly, and 100% pressure-sealed to prevent air leakage.

 

For the future, Mr. Asai reveals that Airgle Japan will initially concentrate on B2B sales, targeting large medical institutions. Plans to expand offerings to smaller clinics and dental offices are on the horizon, with industrial ventilation and flex hose kits expected to join the Japan product portfolio in the coming years, possibly extending into B2C distribution.

 

As Airgle Japan joins the SCCJ community, we extend a heartfelt welcome and invite you to explore their innovative air purification solutions at their global website (https://airgle.com) or the Japanese website (https://ds.nisshintoaiwao.co.jp/airgle/index.html).

 


私たちが呼吸する空気は、私たちの健康やウェルビーイングを大きく向上させたり、あるいは妨げたりするだけでなく、私たちが生み出す仕事の質に影響を与えることさえある。これは、生活の大半を屋内で過ごすナレッジワーカーには特に当てはまる。アメリカの空気清浄機メーカーであるAirgle Corporationは、24年以上にわたり、病院、オフィス、家庭において、空気中のウイルスなどの病原体、超微粒子、VOC(揮発性有機化合物)を除去し、私たちを取り巻く室内の空気を浄化することに貢献してきた。SCCJは、Airgle Japan の浅井伸宏社長にインタビューを行い、同社、製品ラインアップ、そして今後の日本での成長戦略について話を聞いた。

 

Airgle Corporationは1999年に設立され、ニューヨークに本社を置いている。同社は北米全域と、イギリス、ドイツ、北欧諸国、中東など多くのヨーロッパ中近東アフリカ諸国に幅広い販売網を持っている。Airgleがアジアに進出したのは近年になってからだが、中国、韓国、タイを含むアジア地域の多くの国々ですでに強力なビジネス基盤を築いている。

 

「親会社のAirgle Holdings Limitedはシンガポールで登記されています。私が統括するAirgleの日本事業は、本社CEOの直属になります。以前から一部の製品は日本全国の小売店で販売されていましたが、2022年後半、日本に戦略的に事業展開する拠点として設立した非常に新しい組織です」と、スウェーデンの電機メーカー、エレクトロラックス・ジャパンの元社長で、2019年までSCCJ副会頭を務めた浅井氏は語った。

 

Airgleの空気清浄機はすべて米国または中国の深圳工場で製造されている。同社の製品は、FDA(米国食品医薬品局)やAHAM(米国家庭電化製品製造者協会)といった米国の組織から高い品質と規制遵守の認定を受けている。

 

「当社の主な取引先は、病院、診療所、歯科などの医療機関です。私たちは、0.003ミクロンまで捕獲可能なcHEPAフィルターを持つ世界唯一の空気清浄機を製造しています。これは、当社のメッシュが他のHEPAフィルターに使用されているものより100倍も目が細かいことを意味します。米国、デンマーク、香港でテストを行ったところ、3カ所すべてでCOVIDを含む99.998%のウイルスがカットされました。また、ウイルスやその他の病原菌を中和する特許取得済みのチタンプロ®UVモジュールや、ガスや臭いを吸収するプレミアムカーボンフィルターも採用しています」

と浅井氏は説明する。

 

「cHEPAフィルター、チタニウムプロ®UVモジュール、ガスや臭いを吸着する "プレミアムカーボン "に加え、3製品すべてに空気品質モニター、フィルター寿命モニター、赤外線リモコンが搭載されています。AG600とAG900は、スマートフォンアプリからの操作も可能です。どの製品も非常に静かで使い勝手がよく、100%圧力密閉式なので空気漏れの心配もありません」と浅井氏は説明する。

 

今後数年間の成長戦略について尋ねると、浅井氏は次のように答えた:「日本では当面、BtoBの営業に力を入れる方針です。当面は大学病院などの大規模医療機関がメインターゲットです。しかし、できるだけ早く小さなクリニックや歯科医院にも製品を届けたいですね。数年後には、換気システムとフレックスホースキットを日本での製品ポートフォリオに加える予定です。その頃には、おそらくBtoCでも製品を販売していることでしょう。」

 

Airgle JapanのSCCJ加盟を心より歓迎いたします。同社及び製品について詳しくはhttps://airgle.com (グローバルサイト)またはhttps://ds.nisshintoaiwao.co.jp/airgle/index.html (日本語サイト)からご覧いただけます。