Skip to main content

/ 5

/ 5

upcoming event

SCCJ EVENT
  • 14 March 2024 18:30 - 22:00

  • Sasazuka Bowl

MEMBERS ONLY EVENT
  • 12 April 2024 16:00 - 18:00

  • Shiroyama Trust Tower, 19F + Online

See more events

(日本語は英語の後に続きます)

 

The volume and variety of data we generate continues to increase year-on-year showing no signs of slowing down. This deluge of data can not only help strengthen a company’s competitiveness; if not properly managed, it can seriously undermine a business’s reputation, too. With a track record of almost 30 years Northern Parklife—a Swedish data infrastructure and analytics company—is equipped with the expertise to both identify and nullify potential data-related risks all companies may confront. SCCJ interviewed Northern Parklife AB’s country manager for Japan Mr. Magne Von Sohlberg to learn about their business, the different types of data management, and how the company can help Japan reduce its carbon footprint.

 

Northern Parklife AB was founded in 1995 and is headquartered in Stockholm. The company is known simply as “Northern” within the industry. The word “Parklife” is only added when processing paperwork and administrative duties.

 

“When we established the company, Sweden’s company registration office didn’t accept the one-word name ‘Northern’ as its meaning was too general. That’s why the founder affixed the word ‘Parklife’; its namesake is an album name of the famous Britpop band Blur. They were very successful internationally just when the company was being set up,” explained Mr. Von Sohlberg.

 

Mr. Jonas Areskoug has been Northern’s CEO since March 2011. The company has business footings in all four corners of the world: Europe, North & South America, Middle East & Africa, and the Asia-Pacific region. Northern has and continues to improve the data management process of many world-famous blue-chip companies. Some notable examples include Boeing, Credit Agricole, and Ricoh.

 

“Japan was one of the first overseas markets our company entered. We’ve been doing business here since 1996 and our current office is in the Minato Mirai area of Yokohama. I joined the company in 2014. As a Solution Architect and as the country manager for Japan, my main responsibility is managing relationships and facilitating partnerships with our Japanese clients,” said Mr. Von Sohlberg.

 

The company’s main mission is to support organizations around the world better manage their unstructured data.

 

“Unstructured data is a fancy way to say file data. For example, audio, video, and Word files. One of the reasons why our customers come to us is because they want to safely discard data that is no longer used. At some companies, more than 50% of data is redundant data from over a decade ago. But the company is still paying money to store the data and if it gets breached, they are liable for the damages caused. By using our software Northern Software Solution (NSS) you can easily analyze and categorize your data, but even more importantly you can instantly resolve any one of your issues with the click of a button. Every customer is unique, so our goal is to provide a solution that best suits each individual customer’s needs. Once the software is set up all services provided are included in the subscription fee. We call this an end-to-end solution. Not many software vendors provide this kind of full-scale service,” explained Mr. Von Sohlberg.

 

There are three ways an organization can store its unstructured data. These are: (1) on-premise (on-prem) data storage; (2) cloud data storage; (3) hybrid data storage. All three options each have their pros and cons. On-prem provides a higher level of control than cloud but has limited scalability; cloud is more cost effective than on-prem but has a higher security risk; hybrid has the best of both worlds but is the most complicated to manage. In recent years, many Japanese companies have moved away from on-prem and have instead embraced cloud as their preferred way of storing unstructured data.

 

“Because Northern was established in 1995, we’ve seen the industry’s entire business cycle. It’s safe to say that what is happening now in Japan is what took place in Europe a few years ago. And because many European businesses today are choosing hybrid over on-prem or cloud, I think it’s almost inevitable that Japanese companies will eventually follow suit. That’s one trend we can foresee,”
said Mr. Von Sohlberg.

 

In October 2020, the Japanese government declared it will reach complete carbon neutrality by 2050. If Japan is serious about reducing its carbon footprint, all Japanese organizations must successfully overcome their data management challenges by lowering the volume of unnecessary data.

 

“Data centers make up approximately 3% of the world’s electricity consumption. Because data grows continuously and mostly in an uncontrolled way, this number could easily shoot up if it is not properly managed. In other words, reducing the level of redundant, obsolete, or trivial (ROT) data is an important goal that all Japanese organizations must bear in mind. Data management is a never-ending process. With the advent of cognitive AI data itself may evolve. But all data still needs to be managed regardless of who or what created it; which means there are ample business opportunities for us going forward,”
explained Mr. Von Sohlberg.

 

We extend a warm welcome to Northern Parklife AB as a new member of SCCJ. You can find out more about them at: https://northern.net

 


私たちが生成するデータの量と種類は、年々増加の一途をたどっており、その勢いはとどまるところを知らない。この膨大なデータは企業の競争力強化につながるが、一方で適切に管理されなければ、企業の評判を著しく損なうことにもなりかねない。スウェーデンのデータ・インフラとアナリティクス企業であるNorthern Parklifeは、約30年の実績を持ち、すべての企業が直面する可能性のあるデータ関連のリスクを特定し、無効化する専門知識を備えている。SCCJは、Northern Parklife ABの日本担当カントリー・マネージャーであるMagne Von Sohlberg氏にインタビューを行い、同社のビジネス、さまざまなタイプのデータ管理方法、そして同社が日本の二酸化炭素排出量削減にどのように貢献できるかについて話を聞いた。

 

Northern Parklife ABは1995年に設立され、ストックホルムに本社を置いている。業界ではシンプルに「Northern(ノーザン)」と呼ばれている。「Parklife」 という単語は、事務手続きや 管理上の業務を行う際にのみ付け加えられる。

 

「私たちが会社を設立したとき、スウェーデンの会社登記所は "Northern" という一言だけの名前は一般的すぎるという理由で受理しませんでした。そのため、創業者は " Parklife " という単語を付けたのです。その名前の由来は、有名なブリットポップバンド、ブラーのアルバム名です。ちょうど会社を設立した頃、彼らは国際的に大成功を収めていました。」とVon Sohlberg氏は説明した。

 

Jonas Areskoug氏は2011年3月よりNorthern社のCEOを務めている。同社は世界のあらゆる地域(ヨーロッパ、北米・南米、中東・アフリカ、アジア太平洋地域)で事業を展開している。Northernは、多くの世界的に有名な優良企業のデータ管理プロセスを改善し、現在も改善し続けている。ボーイング、クレディ・アグリコル、リコーなどがその代表例だ。

 

「日本は当社が最初に参入した海外市場のひとつです。1996年からここでビジネスを展開しており、現在のオフィスは横浜のみなとみらい地区にあります。私は2014年に入社しました。ソリューションアーキテクトとして、また日本のカントリーマネージャーとして、日本のお客様との関係を管理し、パートナーシップを促進することが私の主な仕事です。」

 

同社の主な使命は、世界中の組織が非構造化データをより適切に管理できるようサポートすることである。

 

「非構造化データとはファイルデータのことで、例えば、オーディオ、ビデオ、ワードファイルなどがあります。お客様が当社にご相談に来られる理由のひとつは、使われなくなったデータを安全に廃棄したいからです。企業によっては、データの50%以上が10年以上前の古いデータというところもあります。しかし、企業はそのデータを保存するためにお金を払い続けていますし、万が一データが漏えいした場合、その損害賠償責任を負うことになります。私たちのソフトウェア、Northern Software Solution (NSS)を使えばデータを簡単に分析・分類することができますが、それ以上に重要なのは、ボタンをクリックするだけで、どんな問題でも即座に解決できることです。お客様一人ひとりが異なるため、私たちの目標はお客様一人ひとりのニーズに最適なソリューションを提供することです。ソフトウェアがセットアップされると、提供されるすべてのサービスがサブスクリプション料金に含まれます。私たちはこれをエンド・ツー・エンドのソリューションと呼んでいます。このような本格的なサービスを提供するソフトウェア・ベンダーは多くありません」とVon Sohlberg氏は説明する。

 

組織が非構造化データを保存する方法は (1)オンプレミス(構内)データ・ストレージ、(2)クラウド・データ・ストレージ、(3)ハイブリッド・データ・ストレージの3つある。これらのオプションにはそれぞれ長所と短所がある。オンプレミスはクラウドよりも高度なコントロールが可能だが、拡張性に限界がある。クラウドはオンプレミスよりもコスト効率が高いが、セキュリティリスクが高い。ハイブリッドは両方の長所を併せ持つが、管理は最も複雑である。近年、多くの日本企業がオンプレミスから脱却し、非構造化データの保存方法としてクラウドを採用している。

 

「Northernは1995年に設立されたので、私たちは業界のすべてのビジネスサイクルを見てきました。 今、日本で起きていることは、数年前にヨーロッパで起きたことだと言ってもいいでしょう。そして現在、ヨーロッパの多くの企業がオンプレミスやクラウドではなくハイブリッドを選択しているため、日本の企業がいずれそれに追随するのはほぼ必然だと思います。それが私たちが予見できるひとつの傾向です。」
とVon Sohlberg氏は語った。

 

2020年10月、日本政府は2050年までに完全なカーボンニュートラルを達成すると宣言した。 日本が本気で二酸化炭素排出量の削減に取り組むのであれば、日本のすべての組織は不要なデータ量を削減することで、データ管理の課題を克服しなければならない。

 

「データセンターは世界の電力消費量の約3%を占めています。データは絶え間なく増え続け、そのほとんどが無秩序に増加するため、適切に管理されなければ、この数字は簡単に跳ね上がる可能性があります。つまり、重複データ、古いデータ、無駄なデータ(ROT)を減らすことは、日本のすべての組織が念頭に置かなければならない重要な目標なのです。データ管理は終わりのないプロセスです。コグニティブAIの出現により、データ自体が進化するかもしれません。しかし、誰が、何を作ったかにかかわらず、すべてのデータを管理する必要があることに変わりはありません。つまり、私たちには今後も十分なビジネスチャンスがあるということです。」

 

Northern Parklife ABのSCCJ加盟を心より歓迎いたします。同社について詳しくはこちらからご覧いただけます。